腸閉塞の予防&対策のまとめ

  • 2017.04.04 Tuesday
  • 13:08




 

 

乳酸菌関連のテーマが最近多くて腸閉塞関連の記事が若干埋もれがちなので、今日は私がまとめた腸閉塞の予防&対策で絶対に読んでほしいコンテンツを厳選してお伝えしたいと思います。

 

1.腸閉塞(OK)食材&(NG食材)&レシピ

 

腸閉塞には食事の管理が一番大切です。ということでOK&NGな

食材をしっかり把握しましょう。

 

 

 ⇒OKな食材

 

 ⇒NGな食材

 

 ⇒おすすめレシピ

 

2.腸閉塞の予防関連

 

腸閉塞は食事に気を付けてさらに腸を活性化&腸内フローラを整えることが大切です。ということで食事以外で気を付ける点がこちら!

 

 

 ⇒腸閉塞の予防と回復にガム

 

 ⇒腸閉塞予防に最適なサプリ3選

 

 ⇒漢方も活用して効果を最大化!

 

3.1日の食事と運動

 

これは私も見返して、これを書いた時より不摂生になってしまっていないかしっかり見るようにしてます。

 

 ⇒1日の食事と運動

 

4.番外編

 

こんな予兆があったらすぐ病院にいきましょう。

 

 ⇒腸閉塞の予兆

 

予兆を感じたら、下記を参考にすぐ病院へ!

 

 ⇒病院にかかる際のポイント

 

これを読んで徹底できれば腸閉塞の再発リスクは確実にさがる・・・はず!

 



【イレウスちゃんおすすめの腸閉塞対策3種の神器サプリを大公開!】


→→詳細レポートはこちら←← 



次世代の納豆 S-903納豆菌とは?

  • 2017.04.04 Tuesday
  • 00:01




納豆にも乳酸菌の波が押し寄せてきております(笑)

もともと納豆には納豆菌という菌が存在しておりますが、タカノフーズ株式会社が2月末から販売を開始した
「すごい納豆S-903」というS-903納豆菌という新しい商品が発売されました。
すごい納豆とかイチオシキムチとか他とは違うんだぞ感を名前で頑張ろうとしているのがわかります^^;

■S-903納豆菌とは?

納豆菌のエリートです(笑)

納豆菌は2,000種類以上存在しておりますが、その中で健康をサポートする効果が高いS-903納豆菌というものをタカノフーズさんが発見したんですね。

さらに、なんとこのすごい納豆S-903のタレはシールド乳酸菌(R)を配合しており、ダブルですばらしい効果を期待できちゃいます。

□おまけ:シールド乳酸菌(R)とは?

森永乳業が保有する乳酸菌で、インフルエンザ感染の症状が軽減され、免疫力を高める効果があります。

--
話がそれました(笑)

そして、メインのS-903納豆菌ですが、このS-903納豆菌も免疫に対しての機能性が高い特別な納豆菌なのです。

普通の納豆菌に比べて役1.5倍も免疫機能性があります。S-903納豆菌もインフルエンザウィルスの増殖を予防し、感染後にも体内での抗体生産量を高める効果があるという結果が確認されております。

さらにさらに!なんとS-903は特別といったのは伊達ではありません。

S-903納豆菌にはさらに以下の効果も確認済みなのです!

・鼻水を押さえる効果
・花粉症の緩和(目のかゆみ、クシャミ等)


納豆にはもともとナットウキナーゼという血圧を下げる効果もありますし、さらには整腸作用や解毒・抗菌作用もあります。

納豆をよく食べる子は0-157に感染しにくいという結果も出ているくらい日本古来より伝わるとにかくスーパー健康食なのです!!

そんなスーパー健康食に上記の効果がシールド乳酸菌(R)のタレとミックスされS-903の納豆菌によりよりものすごい、メガ健康食として進化を遂げたのです。

これは腸閉塞の予防にも、インフルエンザや花粉症対策としてもこの納豆は手が離せませんね!

納豆とキムチ。普段から取れる食べ物で乳酸菌をより多く摂取し腸内フローラを最適な状態にして、腸閉塞になりにくい体作りを継続できればと思います^^


【イレウスちゃんおすすめの腸閉塞対策3種の神器サプリを大公開!】


→→詳細レポートはこちら←← 



キムチで摂取できる乳酸菌 LB27とは?

  • 2017.04.03 Monday
  • 09:19





最近、あらゆる食品に乳酸菌関連が多く含まれているのを目にします。今回は私も最近スーパーで購入し認識をしたLB27という乳酸菌に関して紹介したいと思います。

 

■LB27とは?

株式会社美山というキムチを製造する会社のキムチから発見された乳酸菌です。これは私も購入した イチオシキムチという株式会社美山さんが販売するキムチから摂取可能です。

イチオシキムチですが、辛さはあまり感じず、とても食べやすい日本人向けなキムチでした。私はとてもおいしかったので2日で食べてしまいました^^;

 

 


このキムチを取ることにより体内にLB27乳酸菌を摂取することができます。

LB27は sIgA(分泌型免疫グロブリンA)と、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)が活性化&改善される働きがあります。

sIgAとは人の唾液などに含まれ、ノドの粘膜を多い、鼻や喉から進入する病原体を防ぐ免疫物質となります。

この分泌型免疫グロブリンA(S-IgA)が少ないと風邪にかかりやすくなったりします。なので、このイチオシキムチを食べることは風邪の予防になるんですね!

もちろんそれだけでなく、LB27はイチオシキムチでは死菌として摂取されますので


http://www.ileus.info/?eid=22

こちらでもまとめた死菌としてのメリットも享受することができます。そしてもう一つのナチュラルキラー細胞(NK細胞)ですが、こちらはパイエル板という司令官の指示がなくてもウイルスや細菌に感染した細胞を見つけ攻撃することができる細胞なのです。さらにはガンの抑制とガン細胞への攻撃もしてくれる人間にとってはものすごく大切な細胞なのです。


・分泌型免疫グロブリンA(S-IgA)は予防
・ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は攻撃


攻めと守りの役割をそれぞれになっているんですね。そんな二つを同時に活性化&改善することができるのがLB27なのです!

 

次回は、キムチよりも日本人には馴染み深い納豆から摂取できるあらたな乳酸菌に関してご紹介したいと思います。

 



【イレウスちゃんおすすめの腸閉塞対策3種の神器サプリを大公開!】


→→詳細レポートはこちら←← 



普段の食生活でも乳酸菌とオリゴ糖

  • 2017.04.01 Saturday
  • 11:37




最近は、普段の食事でも乳酸菌を意識した食品が多く出ているので、腸内環境を整えやすいなと思います。

 

私はまたしても、飲み会からのラーメンを昨日もしてしまい猛反省…人間は過ちを繰り返してしまいますね…と自己弁護してても仕方ないので、週末は荒れた胃腸を回復したいと思います( ;∀;)

 

ということで、今日はこんなものを近所のドラッグストアで購入してきました。

 


オリゴ糖とキムチです^ ^

オリゴ糖はとりあえずお試しでてんさいオリゴという商品にしてみました。

 

キムチは刺激物なので退院直後はお勧めできませんが、日常生活を問題なく過ごせるようになってからは発酵食品の中でもオススメです。

 

今回私が買ったのはLB27というキムチ由来の乳酸菌を、含む国産白菜で作ってるイチオシキムチと言うものを買って来ました。

 

早速お昼ご飯で食べてみようと思います^ ^
 

 

 

 

 

 

 



【イレウスちゃんおすすめの腸閉塞対策3種の神器サプリを大公開!】


→→詳細レポートはこちら←← 



善玉菌の増やし方!プレバイオティクスとは?

  • 2017.03.31 Friday
  • 00:09




続いてはプレバイオティクスに関して話したいと思います。

 

プロバイオティクスととても名前が類似しており、プロかプレかでなにが違うのか。というところですが、プレバイオティクスは1995年くらいにイギリスの学者さんにより提唱された定義で・・・

 

‐嘆輯評緝瑤乃杣されない事

大腸内の有益な細菌の栄養源になり、さらに増殖を促進する、

D夏皀侫蹇璽蕕離丱薀鵐垢魏善し維持

 

これを満たす食品成分さします。

 

具体的な食品成分としては、オリゴ糖と食物繊維になります。中でもポリデキストロース、イヌリン等がプレバイオティスクの要件を満たすとされているんですね。

 

先ほどの1〜3を満たすという事をもう少し具体的に書くと、乳酸菌などの善玉菌を増やすことによって整腸作用・腸内フローラ改善、さらには炎症性の腸疾患予防や改善作用など乳酸菌との同時摂取で効果が高まります。

 

同じプレバイオでもオリゴ糖と食物繊維では働きが違って、食物繊維は吸収されにくく、お通じの量を増やすことで腸の蠕動運動を刺激し便通を促す働き。オリゴ糖はずばり善玉菌のエサになり善玉菌が増えます。

 

腸閉塞という観点でいくと、やはり食物繊維より俄然オリゴ糖がお勧めです。

腸の蠕動運動を刺激するのは、大健中湯やガムをかむ等、他にも色々やり方はありますし。。。

 

そしてオリゴ糖にも実は沢山種類があるんです。簡単にまとめてみました^^

 

■ガラクトオリゴ糖(難消化性)
母乳や牛の初乳に多く含まれるオリゴ糖です。

■フラクトオリゴ糖(難消化性)
タマネギ等に多く含まれてます。
他にもアスパラガスやごぼうにも含まれてますが、消化に悪いので
腸閉塞の人はタマネギでよいかと思います。


■大豆オリゴ糖(難消化性)
大豆や豆乳、味噌など大豆製品です。

■乳果オリゴ糖
別名ラクトスクロース。 ヨーグルトなどに微量含まれますが、
乳果オリゴ糖のシロップとかで摂取するのが一番です。

■キシロオリゴ糖(難消化性)
トウモロコシ、タケノコなどに微量含まれてます。

■イソマルオリゴ糖
味噌・しょうゆ・ハチミツなどに含まれてます。
良くドラッグストアとかでも売ってますね。
原料がデンプンなので低コストで作れちゃいます。

■ラフィノース(難消化性)
キャベツ、ブロッコリー、アスパラガスなどですが、難消化性で
胃や小腸で分解されません。

■ラクチュロース
牛乳や乳製品など

■コーヒー豆マンノオリゴ糖
コーヒー豆から生まれたオリゴ糖です。
トクホなどでコーヒー豆マンノオリゴ糖入りのコーヒーが
最近販売されてますね。

■グルコン酸
ハチミツ、ローヤルせりー、大豆、米、しいたけ、発酵食品など

----

色々書きましたが、まとめるとタマネギやキャベツを食べ、牛乳を飲み、納豆を食べ、漬物を食べ味噌汁を飲む。

という消化にやさしい普通の生活をしていれば多くのオリゴ糖は摂取できてしまうのですが、自然から摂取できる量はとても限られているのでやはりサプリメントなどで補給するのはよいことかもしれません。
 

 

私も自分にあうオリゴ糖はまだ色々研究中なので、見つかり次第教えますね^^



【イレウスちゃんおすすめの腸閉塞対策3種の神器サプリを大公開!】


→→詳細レポートはこちら←← 



胃薬の種類解説、胃薬活用で腸閉塞の予防

  • 2017.03.30 Thursday
  • 00:06




腸を活性化させて健康な腸にするのも大切ですが、その前段階で胃があります。

 

胃の調子が悪いと当然、腸にも影響があり、事実、腸で消化できないものが原因で腸閉塞が発生したりもします。そこで、私は少し食べ過ぎた日や飲み会などがあった場合はかならず胃薬を服用するようにしてます。

 

しかし、胃薬にも沢山種類があって、

最適な胃薬を選ばないと逆効果になってしまうケースもあるので要注意です。聞いたことある名前だから。で胃薬は絶対に選ばないようにしてください。

 

ということで今回はそんな迷いがちな胃薬にフォーカスを当てたいた思います。

 

それではタイプ別にいきましょう。

 

■消化剤

 

こちらが私が普段服用している胃薬です。まさに食べすぎや胃もたれの場合に消化を助ける酵素が含まれております。

 

効果としては消化酵素で消化を助けたり、胃腸のぜん動運動を改善するところを中心に構成されております。

 

具体的には以下がお勧めです。

基本的には次に記載している「健胃剤」も含まれている場合が多いです。

 

⇒ストマーゼ顆粒

 

 

 

⇒バランサー胃腸薬

 


⇒第一三共胃腸薬

 

ここらへんの胃薬ですね。食べすぎ対策の胃薬だと、この3つだけ抑えておくだけでも正直よいと思います。

 

※胃酸が出過ぎた状態で胃が痛むときに消化剤を服用すると悪化しますので要注意。

 

■健胃剤

 

主に漢方が中心となります。制約で味覚神経を刺激して唾液や胃液の分泌を促し胃の働きを活発にします。

 

なんとなく慢性的に胃もたれや消化不良気味な場合には良いでしょう。私の場合は胃が弱っているというよりはある程度量を食べてしまったときに使いたいので、消化酵素タイプにしておりますが、健胃剤も漢方の力でしっかりと体を改善できるのでおすすめです。

 

健胃剤は食前に飲んで胃を元気にする。消化薬は食後に食べたものを効率的に消化する。

 

そんなイメージですね。

 

大正漢方胃腸薬とかがそうですね。

 

■酸分泌抑制剤(H2ブロッカー)

 

胃酸の分泌を抑えるタイプです。ストレスなどで胃が痛いときに服用します。

 

空腹時に胃が痛んだりする場合に服用します。ストレス&飲みすぎなどで胃酸の分泌が過剰になっている場合にそれを抑制します。胃酸は、本来は胃腸に侵入してくる悪い菌を殺菌する役目なのですが、胃壁が弱っていると、胃粘膜を荒らし、胃炎や胃潰瘍(胃粘膜の傷)の原因にもなります。

 

そういう症状に良いですね。

 

※ちなみに食べ過ぎたときにH2ブロッカーを服用すると悪化しますので要注意。

 

■制酸剤

 

出すぎた胃酸を中和して直りをよくします。

 

胃炎や胃潰瘍の治療にも使われたりします。

 

制酸薬は胃粘膜保護剤が同時に配合されているものなどもあります。

 

■粘膜保護剤

 

胃酸のですぎ等で胃粘膜が傷ついて胃痛がある場合で、特に空腹時に胃痛を感じる場合に服用します。

 

■抗コリン薬

 

自律神経のバランスが崩れて胃痛が起きる場合に飲むようですが私は飲んだことがありません。食べすぎ、飲みすぎではなく、胃腸の働きは、自律神経がコントロールしています。ストレスなどで自律神経のバランスが乱れると、自律神経のひとつである副交感神経が優位にはたらき、胃の筋肉を過剰に収縮させ、胃痛の原因となることがあります。

 

そんな時に抗コリン薬 ですね。

抗コリン薬 は胃の副交感神経のはたらきを抑制することによって、過剰な収縮を緩和させ、痛みをとる効果があります。

 

----------------

 

あとは症状ごとの使い分けなんて面倒!という人には総合胃腸薬というものもあります。

 

キャベジンコーワαや太田胃散などがそうですね。



【イレウスちゃんおすすめの腸閉塞対策3種の神器サプリを大公開!】


→→詳細レポートはこちら←← 



乳酸菌-死菌のメリット大公開!

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 00:21




続いては死菌についてです。

死菌とはそもそも死んでる菌だから効果なんてないんじゃないの?という大きな誤解が世間での一般認知かなと思います。

しかしそれは大きな誤解です!!それでは死菌とは?を語っていきます!


■死菌とは?

ずばり、死滅した乳酸菌の事です。

具体的には

・加熱処理された菌
・胃などで生菌が変化した菌


これらが死菌となります。

そんな死菌ですが、なんと身体全体の免疫の70パーセント近くが集中している回腸の中にある、パイエル板という組織に対して直接働きかけることができるのです。それに対し、生菌は直接、パイエル板に働きかける事は出来ません。

パイエル板とは、回腸と呼ばれる小腸の下部に約20〜30個ほど存在しており、免疫機能のほぼすべてを司る総合司令本部のようなところです。

免疫という観点において、このパイエル板はとても重要な組織です。ガン細胞の退治なんかもこのパイエル板の重要なミッションです。死菌はまさにそのパイエル板に直接作用することが唯一できるのでとても重要な菌なのです。腸内の免疫システムを正常にする為には、死菌を摂取は欠かせないということです。

 

フェカリス菌なんかはあえて加熱処理をして死菌とすることで効果を3倍近く高めることができるみたいですね。

まとめると・・・生菌と死菌はそれぞれ役割が違うので、それぞれをバランス良く摂取することが最も重要なのです。

 

・腸内の免疫改善&免疫システムの正常化(死菌)
・腸内フローラの改善(生菌)



私の知り合いにヤクルト信者がおりまして、ヤクルト飲めばすべて解決!無敵!と言っているのですが、

ヤクルトももちろん大切ですが、ヤクルトと死菌をうまく取り入れることが、さらに効果をあげることを

今度教えてあげようと思います(笑)


私が愛飲する「乳酸菌革命」には、死菌と生菌が両方とも含まれている点もお勧めしている大きな理由です。

生菌:有胞子乳酸菌、乾燥生菌末(ガセリ菌)
死菌:EC-12、ラブレ菌

こういう感じですね。

これは実際にサポートに問合せメールをしたところ、即日返信を頂いたので、メーカーからの回答として記載しておきます。
 


そしてあと1つ忘れてはいけないのが、腸内の善玉菌の増殖を促す事。
これは死菌でも生菌でもなく、食物繊維やオリゴ糖を含んだ食品で補うことが可能です。

ただ、消化に悪い食物繊維もあるのでしっかり見極めが必要です。

微生物学などの業界では

腸内の免疫システムを正常にする(死菌)
 ⇒バイオジェニックス
腸内フローラの改善(生菌)
 ⇒プロバイオティクス
腸内の善玉菌の増殖(食物繊維・オリゴ糖等)
 ⇒プレバイオティクス


なんて言い方をします。ということで、次回は善玉菌を増やすプレバイオティクスに関して語ろうと思います。

乳酸菌道、腸活は奥が深いですね・・・。

 



【イレウスちゃんおすすめの腸閉塞対策3種の神器サプリを大公開!】


→→詳細レポートはこちら←← 



乳酸菌 生菌と死菌の違い徹底解説

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 00:09




腸閉塞に限らず、腸を健康に保つことは最近とても注目されております。
腸は第二の脳と呼ばれ消化・吸収・排泄という、みんなが知っている機能だけではなく、免疫や代謝、さらには解毒、合成という様々な役割を担っております。

 

そして、日本人男女共通した死亡理由1位でもあるガンに関してですが、女性の死亡率No1は大腸ガンです。男性でもNo3と、ガンの主流といっても過言ではありません。

 

腸を健康に保つには、乳酸菌が必須です。そんな乳酸菌には生菌と死菌というものがあるのをご存知でしょうか。

 

なんとなくのイメージでは 「生きて腸に届く!」なんて謳い文句をよく乳酸菌系食品には見られますが、どうしても生菌のほうがよさそうなイメージがありますが、それでは死菌は意味がないのでしょうか?

 

結論からいうと、死菌は生菌とおなじくらい重要な乳酸菌なのです、死菌なくして腸内環境の改善はありえません!!

 

ということで、本日は生菌と死菌に関して詳しく話したいと思います。

 

まずは生菌です。

 

■生菌とは?

 

ビフィズス菌・乳酸菌飲料、そしてヨーグルト等に含まれる、生きている菌ですね。

 

この生菌、実はそのまま腸内に住み着くことはできないんです。生菌の寿命は体外にでるまで。という宿命の菌です。

 

生菌は 糖分を分解して乳酸を作ります。そうすると腸内は酸性となり、悪玉菌が生息しにくくなります。

 

さらにその過程で腸が刺激され蠕動運動が促進されます。

ということで、生菌の一番の存在意義は、腸内細菌のバランスを正常化する。これに尽きます。そして悲しいことに・・・

 

実は腸に届く前に生菌は胃酸などによって、死菌になってしまうのです。

それでも生きて腸までとどく乳酸菌が多く含まれるものがあります。それがヨーグルトです。

 

ということで生きて腸まで届くヨーグルト系の乳酸菌を紹介します。


菌には合う合わないが人によって色々あるので、試してみると楽しいです。私もBIOとかガセリ菌SPはスーパーやコンビニでたまに買って飲んだりそんな感じで楽しんでます。

 

ちなみに種類が沢山多すぎてどれがベストかわからない!という方は私も毎日飲んでいる乳酸菌革命をとりあえず試してみるのがよいかなと思います。

 

イレウスちゃんおススメのサプリ

 


■生きて腸までとどく乳酸菌■

 

・ビフィズス菌BB536
⇒ビヒダスヨーグルトに入ってます
  私はランチタイムはビフィダスが多いです

 

 

・クレモリス菌FC株
⇒カスピ海ヨーグルトに入ってます

 

 

・ビフィズス菌 BifiX
⇒グリコのBifixというヨーグルトに入ってます

 

 

・ビフィズス菌 BE80
⇒緑のパッケージ BIOに含まれてます。
  ガスの発生などが抑えられ腹部膨張が減少する効果があります。

 

 

・カゼイ シロタ株
⇒おなじみヤクルト!

   私は朝晩2本飲んでます。
  腸内のビフィズス菌が約3倍、

  悪玉菌1/5という結果もあります。
 


ガセリ菌SP株
⇒ガセリSP〜という商品にはいってます。
  これは内臓脂肪を減らす効果があります。

 

 

 

あと、賞味期限は必ず意識してくださいね!
ヨーグルトは日にちが経つほど酸性度が高くなっていくので、その酸に耐えきれずに徐々に生きた菌が少なくなります。

 

そして食べるタイミングは食後にしましょう。空腹時と食後では胃の中のpHが倍くらい違いますので。

 

では次回は死菌に関して書きたいと思います。
 



【イレウスちゃんおすすめの腸閉塞対策3種の神器サプリを大公開!】


→→詳細レポートはこちら←← 



やってしまった・・・

  • 2017.03.27 Monday
  • 00:11




 

昨日の飲み会でやってしまいました。。。

 

飲みすぎて気分がよくなった私は

解散後、ラーメン屋さんへ・・・

コッテリしたとんこつラーメンを

退院後初めて食べました。

もうおいしくて酔ってましたが

泣きそうでした。

 

そしてそのままタクシーで帰り

ソファーで就寝。

 

〜〜翌朝〜〜

 

朝起きて激しい後悔とわずかな

腹部の小さな違和感。。。

 

死ぬほど後悔しました。

とりあえず、いつものサプリ3セットと

大健中湯を飲んでみて

あとは絶食することにしました。

 

腹部の違和感は腸閉塞特有の

波状の痛みではまだないのですが

胃もたれのような。けどそうではないような。

 

腹部の腫れも少しある気がして

本当になんでラーメンなんてしかも

飲んだ後に食べそしてすぐ寝るという

暴挙をしてしまったんだろうと後悔しました。

 

そして昼前に一度、3種の神器サプリの

おかげでお通じはありましたが

まだ腹部の違和感がありました。

 

なので、そんなときは

絶食をして様子をみます。

 

そのおかげか夕方に再度お通じがあり

腹部の違和感もじょじょに和らいで

きました・・・。

 

とりあえず夕飯も抜いて胃と腸を

休めることにしました。

 

乳酸菌サプリと整腸剤のおかげで

大事には至らなかったです。

 

普通にそのまま放置してたら

確実に腸閉塞になる痛みの予兆でした。

 

腸閉塞の予防

これはやはりやはりサプリもそうですが

暴飲暴食これはやっぱりだめですねToT

 

本当に反省した一日でした。

 



【イレウスちゃんおすすめの腸閉塞対策3種の神器サプリを大公開!】


→→詳細レポートはこちら←← 



腸閉塞の予防と回復にガム

  • 2017.03.26 Sunday
  • 00:01




腸閉塞の予防にガム?

 

 

腸閉塞の予防にガム(シュガーレス推奨)

が有効ってしってましたか?

 

ガムをかむことで、

腸の蠕動(ぜんどう)運動の再開が促進される

という実験の結果がアメリカで出ております。

 

理由はガムを噛む事で、脳みそが刺激され、

腸の運動に関わるホルモンが増えるから

ということです。食べ物を食べている

状態と脳みそが勘違いするんですね。

 

ガムをかむことは予防だけではなく、

腸閉塞の回復にも効果があるようで、

ガムをかまなかった人の入院期間と

比較すると2/3程度になった結果が

あるようです。

 

当然、ガムは飲み込んだりしてしまうと

消化されますが、我々腸閉塞経験者の場合、

リスクでしかないので、飲み込むことは

絶対に避けましょう。

 

ガムは1日2〜3個程度で十分見たいです。

 

ガムにも色々種類がありますが、甘味料には

注意してください。

 

 

シュガーレスガムに使われている添加物で

アスパルテームなどがありますが、

アスパルテームは調べると色々リスクが

ありそうなので、取らないにこしたことはなく

やはりお勧めの甘味料はキシリトールです。

 

しかし、、、キシリトール100%って

なかなかコンビニでは売ってないのですよね。

 

私はAmazonで

歯科専用のキシリトール100%ガムを

購入するようにしてます。

 

↓これです。

 

【歯科専用】キシリトールガム ボトルタイプ90粒(マスカット)

 

会社と職場に1つづつ、会社で1〜2個

昼前と夕方に噛むようにしてます。

 

 



【イレウスちゃんおすすめの腸閉塞対策3種の神器サプリを大公開!】


→→詳細レポートはこちら←←